【マネジメント事例】マンションから寺院へのリノベーション

住宅を寺院へリフォーム事例

つなぐデザインマネジメントでは、リノベーションも承っています。

 

ビルの上層階にあった住宅を、お寺の本堂と休憩所としてリノベーションを行いました。

元々住宅であったため、間仕切りなどで狭く感じていた空間を、間仕切りを無くし窓を巨大な障子で面発光させることで、広く開放感を感じる空間としました。メゾネットタイプのマンションリノベーションです。

2016年竣工。

 

 

和の空間は『横方向からの光』を大事にしています。

障子越しのやわらかな光や、床や壁にバウンドした間接光は和の空間を演出します。

ドアを開けた時に目に飛び込んでくる圧倒的な障子越しの光は、部屋全体にグラデーションの表情を生み出し、空間のスケールをより大きく広くそして深みを感じさせてくれます。

また、日中は太陽光を活かしたあふれるような光が開放感を感じさせ、夜は足元からふんわりと立ち上がる光でゆったりとした空気感を生み出します。

 

 

床はトーンを落とすことで、壁や天井とのコントラストを生み、低い重心を持つ落ち着いた雰囲気としています。

タイルカーペットは短冊上のものを使用し、和のイメージを残しながら実用的に使用できるモダンな環境としています。

 

デザインマネジメント:長根 寛
インテリアデザイン:小野 さやか
照明デザイン:長根 寛